2010年12月18日

安心安全をつきつめると、最悪の結果になる

最近、とても残念なニュースがありました。

「オウム真理教に入り、洗脳されている娘をなんとかしなければいけないと思い、娘の入信の原因となった妻を殺害した」というニュースです。

殺人は置いておき、一般的には、「オウム真理教に入って洗脳されている娘を取り戻す」と考えることは正義です。世間から嫌われているオウム信者ですから、一刻も早く脱退させたかったのでしょう。

しかしながら、世間はともかく、「娘は、そのオウムの世界が心地よく、その世界が幸せである」であるなら、なにも目を覚まさせる必要などなかったのではないでしょうか?

その正義感から起こったのが、殺人であり、
その正義感から殺人者の娘となり、
その正義感からたった一人の母を失ってしまいました。

いったいどちらが正義でしょうか?

決して、「オウム真理教信者」=「悪」 だから、「オウム真理教信者を殺害しても良い」となってはいけないと思います。その正義感を理由に情状酌量してもいけないと思います。

オウム真理教は嫌われている存在ではあり、リスク要因です。しかしながら、今は昔のようにテロ組織として動いているわけではないと思います。この宗教のリスクを過大に見てしまうために、もっと大きなリスクを引き起こしてしまう。

安心安全をつきつめると、こうゆう結果になるわけです。

2010年12月16日02時44分--------------------------
アレフ信者殺害]逮捕の元夫、事件前に施設の娘案じる手記

提供:毎日新聞  埼玉県八潮市で11月、オウム真理教主流派で構成する宗教団体「アレフ」信者の女性が殺害された事件で、逮捕された元夫で住居不定、元食品販売会社社長、西村三郎容疑者(70)がアレフ施設に居住する2人の娘の身を案じて「何としてでも解決しなければ」などとする手記を事件前に記していたことが分かった。さいたま地検は15日、西村容疑者を九十九(つくも)美智子さん(当時63歳)に対する殺人罪などでさいたま地裁に起訴した。

 手記はパソコンで作成したとみられ、「孤独な闘戦(たたか)い」との題が書かれた表紙を含め10枚以上。09年8月に大腸がんの摘出手術を受けた経緯に触れ、「私自身この先、何年生きられるか。先の短い親の人生よりも娘達の将来の方が大切」と記述。長女と次女の将来を憂い「どのような行動を起こせば良いのか」と記し、「洗脳され続けている長女達がかわいそうで胸が一杯になってしまいます。何としてでも解決しなければ」と締めくくっている。
------------------------------------------------
posted by 大雪 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

Bフレッツとは、電話回線なり

iPad用にWiFi環境を作るべく、仕事場にインターネット環境を整えようとしたところ、仕事場の電話回線はBフレッツだったなーと思い出します。

以前は6000円ぐらいのプロバイダー料金を支払ってBフレッツでネット接続をしていたのですが、携帯で5000円ぐらいでネット接続ができるので、Bフレッツのプロバイダーを利用することはやめていました。

Bフレッツは、電話3番号使えて6000円ぐらいなので、そのままにしていました。

で、久々に調べてみると、プロバイダーが500円で利用できるではありませんか!

しかも、Bフレッツというのは、昔で言うダイアルアップ接続みたいなもので、「ユーザー名」と「パスワード」があれば、どこのBフレッツ回線からでもプロバイダーと接続できます。

具体的に言うと、会社にBフレッツがあり、自宅にBフレッツがあったとします。一つのプロバイダー契約があれば、会社でも自宅でもネットを使うことができるのです。

なんてこった! 
posted by 大雪 at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPadに騙されたー(泣)

普段、某政党に騙されてはいけないなどと言っていた大雪ですが、まんまとiPad+ソフトバンクに騙されました。

iPad3G(ソフトバンク)ってiTunesをそのままでは使えないのです。
WiFi接続にすれば使えるということ。
101216_0301~010001.jpg

音楽・映画のダウンロードができない。

まったくひどい話です。

月々4725円で、「iPad本体2年ローン+定額通信料」だったので、ずいぶんお得だなと思っていたのですが、やられました。iPhoneもそうなので、ソフトバンクユーザーには常識だったかもしれませんたらーっ(汗)
101216_0241~010001.jpg

くやしいので、仕事場をWiFiスポットにしてしまおうかと思います。

 



posted by 大雪 at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

間引き点灯街灯

秋田市を歩いていると、何となく暗いなーと思うようになりました。

で色々聞いてみると、秋田県が財政難の為、街灯を間引き点灯しているということ。
なんてこったexclamation
101130_2330~010001.jpg

そんなに財政状況が厳しいのですね。


このような行政の不届きを見ると、もっと民間の力を活用すればいいのになーと思えてなりません。

たとえば、街灯に広告につけて、「ここの街灯電気代は、だれそれが維持しています」とアピールさせるといいのです。楽天スタジアムみたいなネーミングライツみたいなものです。

実際、秋田中央交通のラッピングバスもありますし、市役所のエレベーターに入り口にも奥羽住宅産業の企業広告が出されています。このような取り組みをどんどん増やせばいいと思います。

広告がうるさい、景観が害されるとの声もありますが、どんなに綺麗な街並みになったとしても、そこに人や産業が集うことがなければ、良い街とは言えないと思います。


posted by 大雪 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

人間活動 by 宇多田ヒカル

宇多田ヒカルさんが、年内で歌手活動を停止して、「人間活動」に専念すると宣言しました。
utada.jpg

大雪、始めは変なことを言うなーと首を傾げてテレビを見ていると。

「マンションの家賃がいくらだとか、みんなが知っていることを知らないといのは、まずいと思った」
「唄を歌っているのは楽しいけど、好きなことだけやっていると馬鹿になる。そうゆう風にはなりたくなかった」
のようなことを言っています。

どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)

「神の見えざる手」で有名なアダムスミスと同じ言葉を言っているではありませんか!

アダムスミスの分業に対する言葉です。 

国富論 山岡洋一訳----------------------------------------------
ごく少数の単純作業だけで一生を過ごす男性は・・・・難しい問題にぶつかることもなく、問題を解決するために理解力を活かしたり、工夫をこらしたりする機会はない・・・・人間としてそれ以下になりえないほど、愚かになり無知になる。
---------------------------------------------------------------
関連記事 http://bookcrossing-akita.seesaa.net/article/111944572.html

音楽系アーティストというと、高度な創作活動をする必要があるかと思いますが、それすらも慣れてしまうと、単純作業となるのかもしれません。

まとめると、

スペシャリスト(創作活動)→スペシャリスト(創作活動)
次項有馬鹿になる

スペシャリスト(創作活動)→ジェネラリスト(人間活動)→スペシャリスト(創作活動)
という循環が大事になると思われます。
posted by 大雪 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

尖閣ビデオから見える民主党の本質

独り言のような記事が続いていて恐縮ですが、

最近、なんで仙谷さんは、国民に尖閣のビデオを公開して、国民に判断してもらわないだろうかと考えていたところ、驚きの発見をしたので報告します。

今回、尖閣のビデオを国家機密にしたのは、「もし国民が見れば、国民が怒り、反中感情が生まれるから」だと言われます。大雪は、そんなビデオを見たところで日本人に反中感情が生まれるものかなと疑問に思っていました。

だって、日本人からすると、中国漁船がぶつかってきたのは見なくても明白でしょう

日本人の求めていたのは、感情論ではなく、真実は何かということだったと思います。

以上は、大雪の感覚ではあります。

しかしながら、現在の民主党を選んだのは日本国民です。

仙谷さんからすれば、

「民主党を選んだ国民というのは、テレビの影響を受けやすく、感情に流されやすい支持者が多いから、反中感情が生まれるに決まっている、だから公開できない。」

こう考えているとすれば、仙谷さんは、さすがです!
マーケティングを心得ていらっしゃる。

政府が国民を信頼しないというのは、信頼できない自分たち(民主党)が政権にいるから、国民を信頼できないんですね。

つまり、国民を信用しないということは、自分たちが政策で嘘を言っていることを認めているようなものですひらめきここに民主党の本質が出ていますね。
posted by 大雪 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧困ビジネス その2

またまた手前味噌ですが、大雪の意見と同じような意見が記事になっていました。考えることは同じってことですね。

ちなみに、こちらの方が、モバゲーの社長さんの南場さん。昔は出会い系サイトでもあったモバゲーをどのように考えているのか興味ありますね。
250px-TomokoNambaJI1.jpg

2010年08月11日------------------------------
http://bookcrossing-akita.seesaa.net/article/159089167.html
貧困ビジネス

今、流行っているビジネスに貧困ビジネスというものがあります。

有名な例で言えば、「生活保護者を低料金の宿泊所に住まわせ、生活保護費を頂く」というものがあります。

ほかにも色々あるのですが、大雪は、携帯ゲームが貧困ビジネスに思えました。具体的に言えば、「モバゲー」です。
-----------------------------------------


日経記事11/12から---------------------------
 「ソーシャルゲームはますます下流食いビジネスへ」
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819499E2EBE2E2998DE2EBE3E3E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2


 不況下で国民の可処分所得は減少し続けている。その、なけなしのおこづかいが、アイテムという無形のコンテンツに消費され、SNS各社の利益となる。9月上旬、あるユーザーのツイッターでの発言が、ネット上で話題を呼んだ。

 「サラ金(消費者金融)→パチスロ→法律事務所→ソーシャルゲームとTVCMに出稿する広告クライアントの主流は21世紀以降移り変わってきたけども、業態は違えど“これらのビジネスターゲット”が全く変わっていないことに注目すべき」

このつぶやきに、ジャーナリストの佐々木俊尚氏が「実に慧眼(けいがん)」「ソーシャルゲームはますます下流食いビジネスへ」と反応。グリーの田中社長がイベントで「ヒットを狙うには、パチンコやテレビのような単純さが必要」と語った発言をとらまえて過熱するアンチ派に、経済への寄与を主張する肯定派がぶつかり、しばらく議論が続いた。
----------------------------------------------------------------
posted by 大雪 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

Elance その2

発展途上国の人にネットで仕事を発注できるサービス、Elanceを使って簡単なシステムを作ってみました。

もう、このブログに反映されましたよひらめき

トップ近くにあるイベント告知用に作ったバナーが、文字をメールで変えられるようになりました。一部文字化けしている可能性がありますが、ご勘弁をあせあせ(飛び散る汗)

コアな部分を作ってくれた方は、バングラデシュの方で、費用は8000円。期間は1週間でした。

Elanceを使った感想ですが、コミュニケーションに時間がかかる感じがします。開発者は3時間ぐらいで作れるよということでしたが、一日1メールみたいな感じで、ノロノロでした。「どこのフォルダをつかえばいい?」みたいな連絡で一日がかかったりします。対面だと一瞬で解決なのにです。

あと、一般にバングラディシュの人件費は1/100といいましたが、実際、システムを作れて英語も話せるともなれば、時給換算では、日本と大差がない感じです。実際1時間あたり20ドルという条件でした(本当はそれでも格安だけど)。80万円のプロジェクトだといきこんで始めましたが、それなりのプロジェクトに落ち着きました。ただ、日本で8000円でシステムを作ってとお願いしても誰もやらないでしょう。

今回は、お試しということですが、もうちょっと複雑なものも作ってみたいですねわーい(嬉しい顔)
posted by 大雪 at 00:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

製造業から雇用について考える

オバマ大統領の支持率が急落しています。

テレビで、アメリカ政府のグリーンニューディール政策が雇用を生み出してはいない、という批判を見ました。

何百億円も投じた、風力発電機製造の設備ですが、50人ぐらいの雇用しか生んでいないということでした。(すごく曖昧ですみません)

さて、次の動画を見てみてください。



この工作機械を元に、この機械にいくら投資して、どのくらいの雇用を生むことができるかをシンプルに考えてみたいと思います。

この工作機械の本体価格は、2940万です。
上記の製品の加工時間は25時間。この機械に材料をセットすると、25時間後に製品が出てくるということです。

材料取付に、1時間の労働力が必要だと仮定すると、24回の材料取付で、24時間かかります。24時間というと3交代制になるので、3人の雇用を生みます。この3人をフル稼働させるには、24台の工作機械が必要になります。

約3千万円*24台=7億2000万円。

結論をいうと、7億2000万円の投資をして、雇用を3人生むことができます。

現在の製造業というのは、そんなもんなんですむかっ(怒り)

この計算からいうと、
72億の投資で、30人の雇用。
720億円の投資で、300人の雇用
7200億円の投資で、3000人の雇用
72兆円の投資で、30万人の雇用。

オバマ大統領が批判を浴びるのもわかるような気がします。
雇用を生むという点から、考えると製造業というのは、ダメダメなんですね。

今や製品は、機械が休まずに作ってくれるものなんです。
この先、どのように雇用できるかは、従来の考え方を捨てなくてはいけないと思っています。
posted by 大雪 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮説、秋田の若年失業率は20%

昨日の午後4時ぐらいですが、八橋パブリの文教堂前を通ったら、車が多いことに気づきます。マルダイとサンデーも比較的多かったので、全体的に混んでいるなーと思ったのですが。

本屋とDVDレンタルの文教堂の前の駐車場がこんなに混んでいることは変ではないでしょうか?

101110_1607~01.jpg
※GUの入り口近くから、文教堂の駐車場を撮る

気になって、店内を見ると、マンガコーナーで立ち読みしている、青年・中年が多いです。シフト勤務の人や、休日の方もいることでしょう。でも、この混みようは、商売繁盛というより、失業者が集っている感じがしましたどんっ(衝撃)

大雪、昔、3ヶ月ぐらい失業している時がありまして、その時によく訪れていた場所がパブリでした。漫喫だと1時間300円ぐらいかかるところ、立ち読みできますからねあせあせ(飛び散る汗)

ということで、パブリは失業者には非常にすごしやすい場所でもあるんです。

巷の失業率は5%などといいますが、これはハローワークで就職活動をしていて就職できない人の数です。就職を諦めた人はカウントされないんです。だから、秋田の若年層の失業率は、実質、20%とかいっているのではないでしょうか?

秋田で混んでいるところは、イオンとハローワークだと言われます。
あながち、今回の仮説も間違っていないように思えます。
posted by 大雪 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの秋田のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。