2011年05月29日

読書感想「プロ脳のつくり方」塩野誠



久々の読書感想です。
元ライブドアの熊谷さんがツイッターでお薦めしていた本です。

読んでみたら、多くのフレームワークが整理されていて、実践ができたら仕事のできる人になれると思いました。

内容的には、目新しいところは少なく、今まで読んできた本のエッセンスがまとまっている感じです。

具体的には、「競争の戦略(マイケルポーター)」の「競争の5要因」です。

まとまっているということで簡単に書かれていますが、実践は難しいものばかりです。

本の一番始めに紹介された「原典、現場、生データに当たる」。特に生データですね。このブログでもこの視点は大事にしたいです。
posted by 大雪 at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。