2011年05月08日

前年比2ケタダウンの給料ってどうよ?

給料.png

ツイッターを意識したタイトルをつけてみました。

5月7日のサキガケ新聞さん4面からの記事です。
-------------------------------------
県調査統計課がまとめた2月の勤労統計調査(従業員5人以上)によると、一人当たりの現金給与総額は、(略)建設業が同18%減の23万2624円。卸売業・小売業が同18%減の16万7314円。金融業・保険業が同16%減の29万93549円。宿泊業・飲食サービス業が同10.2%減の10万936円だった。
-------------------------------------

えっと、震災前の数字でこれですよ。

普通に考えると、たった一年で給与が2ケタ下がるってどうゆうこと?と思いませんか?建設業は2割減です。

そろそろ冗談じゃないと怒るところではないでしょうか?大雪の関係する「宿泊業・飲食サービス」については、10万936円って、パートじゃないんですから。

これが秋田の給料の実態です。オバマ大統領の一般教書演説ではありませんが、そろそろ「自己革新」やりましょうよ。




posted by 大雪 at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | これからの秋田のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。