2011年05月03日

アメリカに環境問題は存在しない?

アメリカに旅行したことがあるのですが、到着して最初に思ったことは、豊かな国だなーということ。

そして、その豊かさの根本は、その面積にあると思いました。
だって、日本の24倍!ですよ。
ニューメキシコ.png

つまり、日本とくらべても24倍もの太陽エネルギーを自然からいただいている。
それでいて、人口は3倍いかないぐらい。

かれらが本気で環境問題に取り組んだら、たちまち問題でなくなってしまいます。
きっと、縦1000キロメートル、幅200キロメートルのソーラパネルを作って、電気供給の心配はなくなることでしょう。

ちなみにアメリカは、ゴミ問題も存在しません。
なぜって、土地が余っているから、再利用や燃やしたりせずに、ただ埋めるのです。
自国で地上核実験が行えるほど広い土地を持っているからできるんですね。

そんな豊かな国のアメリカの大統領が、先の一般教書演説で、あの危機感を国民に伝えたわけです。
「生まれ変わる必要がある」と
日本人のリーダーは、国民がこのままでいいと思っているのでしょうか?







posted by 大雪 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。