2010年10月13日

第8回読書会のお知らせ

バナーより告知が遅れましたが、第8回読書会のお知らせです。

日時) 10月26日(火)19:00-21:00
場所) パブレストラン サガン (市役所裏)
紹介本) 日本列島改造論(昭和47年初版) 田中角栄
101013_2127~01.jpg

資料代) 500円
内容)前半、各自の持ち寄りの本の紹介
   後半、紹介本のセミナーとディスカッション
   

今回の場所は、大幅に雰囲気を変えています。単純に、その後に懇親会も開きたいと思ったからです(希望者のみ)

さて、紹介本の選定理由です。

大雪は、格差社会とか世代間格差といった社会系の本を好んで読んでいますが、どうも内容が暗くなってしまいます。先日紹介した「残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法」も、いい本なのですが、結論「これからは大変だねー」となってしまいがちです。

そうゆう本ではなく、戦後、高度成長期を支えた人たちが、どのようなビジョンを持って、日本を作ったか。その功罪を探るという視点が面白いのではないかと思いました。

日本列島改造論は、往年のベストセラーなのですが、団塊の世代ジュニア以降については、あまりいい印象を持っていないと思います。 「山を削り、海を埋める」といった公共事業を中心とした、土建屋の考え方だという批判を聞いていたからです。

しかしながら、読んでみると、とても良い本であることに気づきました。未来はこうあるべきだ!とビジョンが書かれていて、明るいのです。 

このように「再考!日本列島改造論」
という視点でセミナーを行いと思います。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。